北近畿タンゴ鉄道

(地理)
きたきんきたんごてつどう

英文表記:Kitakinki Tango Railway Corporation (略称:KTR
北近畿タンゴ鉄道株式会社は、京都府宮津市に本社を置き、兵庫県北東部と京都府北部に鉄道施設を保有する第三種鉄道事業者。
1982年9月22日設立*1
1989年8月1日、現商号に改称した。
近年は、道路網の整備や地域の過疎化を背景に、利用者数は1993年度の303万人をピークに年々減少し、毎年赤字経営が続いている*2。そのような中で、鉄道運行と施設保有の上下分離方式による収益改善を目指し、2014年5月7日、同社の取締役会で、運行会社候補の最適提案事業者として、高速路線バス最大手の「WILLER ALLIANCE」を選んだ。
2015年4月1日、宮津線、宮福線の運行をWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)に移管し、同線の第三種鉄道事業者となる。

路線

宮津線:旧JR宮津線から引き継ぎ1990年開業。天橋立駅宮津駅間 以外非電化。全線単線。
宮福線日本鉄道建設公団が建設中だったのを引き継ぎ1988年開業*3。全線電化だか殆どの特急と快速・一部普通以外は気動車で運転。全線単線。

*1:宮福鉄道」として

*2:2012年度は、輸送人員が187万人で8億4000万円の経常赤字を計上

*3:特定地方交通線最後の転換路線

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ