医師不足

(サイエンス)
いしぶそく

 現代日本の社会問題の一つ。
 ただし厚生労働省は医師の地域偏在の問題は認めているものの、医師の絶対数の不足は認識していない。

根本的な原因は、医師会が「医師過剰論」を振り翳して与党と政府に政治的な圧力を掛けることで、日本国の大計を捩じ曲げて来たツケである。


■「麻生首相の「医師、社会常識欠落した人多い」発言に思うこと」
http://blog.goo.ne.jp/lazybones9/e/d7334eefcf58e430c380c53c0e25a24d

■「医師不足の責任の所在」
http://d.hatena.ne.jp/bn2islander/20080703/1215092769

■「医師がなぜ医師増員に反対するのか」
http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/2008/09/post-d883.html

■「医学部の定員の削減を望んだのは誰で、何故か。」
http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/2008/08/post_0938.html

■「国は「医師過剰論」をふりまき、医学部定数を減らしてきたのか」
http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/2008/08/post_f571.html

■「医師1人あたりの医療費の国際比較は?」
http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/2008/09/post-adf2.html

■「医師一人あたりの医療費のGDP比が高いということ」
http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/2008/09/gdp-d2d1.html

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ