千葉ニュータウン鉄道

千葉ニュータウン鉄道

(地理)
ちばにゅーたうんてつどう

千葉ニュータウン鉄道株式会社は、千葉県市川市に登記簿上の本社を置き、千葉ニュータウン内に路線を有する鉄道会社。
京成電鉄株式会社の100%出資会社だが、従業員はいない。

事業内容

保有する鉄道線路を北総鉄道第2種鉄道事業者)に使用させる「第3種鉄道事業」を営むが、第3種鉄道事業者としては珍しく自前の車両も保有している。
路線は北総線の一部を構成する小室−印旛日本医大間 12.5 km。全線が複線で、軌間は 1,435 mm。

沿革

1984年3月19日 小室−千葉ニュータウン中央間開業
1995年4月1日 千葉ニュータウン中央−印西牧の原間開業
2000年7月22日 印西牧の原−印旛日本医大間開業
開業当初は住宅・都市整備公団が運営。1999年10月1日からは都市基盤整備公団。2004年7月1日に都市基盤整備公団独立行政法人都市再生機構に改組されるのと同時に、鉄道事業が千葉ニュータウン鉄道に譲渡された。

保有車両

・9100形(8両3本)
・9200形(8両1本)
・9800形(8両1本)

新着ブログ: 千葉ニュータウン鉄道