Hatena Blog Tags

千葉真子

(スポーツ)
ちばまさこ

千葉真子(本名・桜川真子 1976年7月18日 - )は、日本の元女性陸上競技(長距離走・マラソン)選手。スポーツコメンテーター。スポーツビズ所属。
1976年7月18日生まれ。京都府宇治市出身。
愛称は「千葉ちゃん」。
立命館宇治高校で本格的に陸上を始める。高校の1年先輩に小崎まりがいる。

略歴

  • 1995年、立命館宇治高校卒業後、旭化成に入社。
  • 1996年、アトランタオリンピック一万メートルで5位入賞、1997年世界陸上選手権(アテネ)一万メートルで銅メダルを獲得。シドニーオリンピック女子マラソン代表を目指し、東京国際女子マラソンに出場するも5位に終わる。
  • 2001年、旭化成を退社。高橋尚子らを育てた小出義雄監督率いる佐倉アスリート倶楽部に移籍する(2002年からは豊田自動織機にも所属)。
  • 2001年、北海道マラソンで初優勝。
  • 2003年、大阪国際女子マラソンは、2時間21分45秒の好タイムで野口みずきに次ぐ2位に入り、世界陸上パリ大会女子マラソン代表を決める。
  • 2003年、パリ世界陸上では、野口みずきに次ぐ3位で銅メダルを獲得。
  • 2004年、大阪国際女子マラソンは坂本直子に敗れ、アテネオリンピックの出場はならなかった。
  • 2004年、北海道マラソンで2度目の優勝。
  • 2005年、佐倉アスリート倶楽部を退部し、豊田自動織機に完全移籍。
  • 2005年8月28日、北海道マラソン(晴れ、気温30度、湿度41%)では2時間25分46秒の大会新記録(25秒短縮)で昨年に続き優勝。小出監督から2月に独立し即結果を出した。
  • 2005年10月9日、シカゴマラソンで3位に入る。
  • 2006年、北海道マラソンを最後に現役を引退。故障を抱えながらのレースであったが、沿道の声援に応えながら笑顔でゴールした。
  • 2011年12月15日、競輪選手の桜川雅彦と結婚。
  • 2012年6月27日、第一子(女児)を出産。

現役引退後は、スポーツコメンテーター、タレントとして幅広く活動中。

関連書籍

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ