千鳥饅頭

()
ちどりまんじゅう

1927年(昭和2年)に福岡県飯塚市の千鳥屋の主人であった原田政雄が考案した菓子。南蛮菓子の一種である丸ボーロに白餡を入れたものである。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ