南の島に雪が降る

(読書)
みなみのしまにゆきがふる

俳優の加東大介が戦時中の体験を綴った作品。
本人の主演で映画化された他、後にリメイク (ただし大幅な改ざん作品) もされている。
漫画家、小林よしのりの祖父が登場していることもあって、その作品『戦争論』で言及されて改めて脚光を浴びた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ