南條倖司

(音楽)
なんじょうこうじ

作詞家、作曲家、歌手。「キングコング・パラダイス」「南條 SOUL BAND」のリードヴォーカル。

1954年、東京都阿佐ヶ谷に生まれる。

高校卒業後、福生米軍ハウスに住みはじめ「キングコング・パラダイス」を結成。

1976年、長渕剛、佐々木幸男が出場した第12回ヤマハポプコンに「キングコング・パラダイス」として出場。「朝が来ないうちに」で優秀曲賞を受賞。翌年レコードデビュー。ハスキーかつソウルフルな歌声から「東の上田正樹」と呼ばれたこともあった。

20年以上続くフリーコンサート「福生かに坂ロックフェス」を仲間達と主宰。その他にも各地のライブハウス、野外/屋外コンサート、学校、ショッピングモールなど様々な場所で演奏。その数、約3000回を記録している。横浜市のライブハウス「フライデー」では、定期的に演奏を行っている。

一方で、田村直美、福山雅治らのCDアルバムに参加。彼らとのコンサート活動も行った。

自主制作によるCDも発売しており、プラスチックケースを使わない厚紙製のジャケットで販売している。その他にも自然食のガイドブックを出版したり、障がい者の共同作業所の運営に関わるなど、広いフィールドで活動している。

映像


*第12回ヤマハポプコン優秀曲賞受賞曲「朝が来ないうちに」


*4:30あたりから


*田村直美とのコラボレーション。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ