南満州鉄道

(社会)
みなみまんしゅうてつどう

ポーツマス条約によりロシアから獲得した長春以南の鉄道および付属事業を経営する目的で、1906年(明治39)設立された半官半民の国策会社。満州国成立とともに、同国内の鉄道全線の運営・新設を委託されたばかりでなく、鉱工業を中心とする多くの産業部門に進出し、植民地支配機構の一翼をになった。45年、中国が接収。満鉄


三省堂「大辞林 第三版」より

関連
東洋埠頭
東洋建設
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ