単独相続制

単独相続制

(社会)
たんどくそうぞくせい

遺産をその一族の誰か一人が受け継ぐ制度。

武士の単独相続制

惣領制では土地が際限なく分割され、いずれ共倒れになってしまう。そのため鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて一子のみに土地を相続させることでお家を守れるこの制度に移行した。相続先は主として嫡子、長子だが、順番に限らず優れた才を持つものが相続することもあった。相続争いにつながることも少なくなく、南北朝の動乱が長引いた一因とされる。

新着ブログ: 単独相続制