単純温泉

(一般)
たんじゅんおんせん

単純温泉鉱泉分析法指針で標されている、含有成分による温泉(鉱泉)の分類のひとつ。摂氏25度以上で含まれる成分(ガス性のものを除く)の含有量が少ない(温泉水1kg中1g未満)もの。単純温泉のうち、pH8.5以上のものをアルカリ性単純温泉という。無色透明、無味無臭。

旧分類名は単純泉。

* リストリスト::温泉

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ