危急存亡の秋

(一般)
ききゅうそんぼうのとき

諸葛亮が出師の表を劉禅に上奏する際に、用いたことば。
「生きるか死ぬかの瀬戸際」をさす。

リスト::三国志関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ