危機遺産

危機遺産

(一般)
ききいさん

世界遺産のうち、世界遺産条約(世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約)第11条第4項に記載されている「危険にさらされている世界遺産一覧表」に載っているもののこと。開発とか災害とか紛争とか自然による風化とかが原因で、そのままでは失われてしまう自然遺産と文化遺産をこう呼ぶ。2006年7月現在で31カ所ある。一覧については下記参照。

ヨーロッパ

  1. ドイツ連邦共和国
    1. ドレスデン・エルベ渓谷*1
  2. セルビア共和国
    1. コソヴォの中世建造物群*2

アフリカ

  1. エジプト・アラブ共和国
    1. アブ・メナ
  2. エチオピア連邦民主共和国
    1. シミエン国立公園
  3. ギニア共和国及びコートジボワール共和国
    1. ニンバ山厳正自然保護区
  4. コートジボワール共和国
    1. コモエ国立公園
  5. コンゴ民主共和国
    1. ヴィルンガ国立公園
    2. ガランバ国立公園
    3. カフジ-ビエガ国立公園
    4. サロンガ国立公園 
    5. オカピ野生生物保護区 
  6. セネガル共和国
    1. ニオコロ-コバ国立公園*3
  7. タンザニア連合共和国
    1. キルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群
  8. 中央アフリカ共和国
    1. マノヴォ-グンダ・サン・フローリス国立公園
  9. ニジェール共和国
    1. アイールとテネレの自然保護区群

アジア

  1. アゼルバイジャン共和国
    1. 城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔
  2. アフガニスタン・イスラム共和国
    1. ジャムのミナレットと考古遺跡群
    2. バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群 
  3. イエメン共和国
    1. 古都ザビード
  4. イラク共和国
    1. アッシュール(カラット・シェルカット) 
    2. 都市遺跡サーマッラー*4
  5. イラン・イスラム共和国
    1. バムとその文化的景観
  6. インド
    1. マナス野生生物保護区
  7. エルサレム(ヨルダン・ハシェミット王国による申請遺産)
    1. エルサレムの旧市街とその城壁群
  8. パキスタン・イスラム共和国
    1. ラホールの城塞とシャーリマール庭園
  9. フィリピン共和国
    1. フィリピン・コルディリェーラの棚田群

アメリカ

  1. エクアドル共和国
    1. ガラパゴス諸島*5
  2. チリ共和国
    1. ハンバーストーンとサンタ・ラウラ硝石工場群
  3. ベネズエラ・ボリバル共和国
    1. コロとその港
  4. ペルー共和国
    1. チャン・チャン遺跡地帯

2006年7月解除

  1. ドイツ連邦共和国
    1. ケルン大聖堂
  2. アルジェリア民主人民共和国
    1. ティパサ
  3. セネガル共和国
    1. ジュッジ国立鳥類保護区
  4. チュニジア共和国
    1. イシュケル国立公園
  5. インド
    1. ハンピの建造物群

2007年の解除

  1. ベナン共和国
    1. アボメイの王宮群 
  2. ネパール王国
    1. カトマンズの谷
  3. アメリカ合衆国
    1. エヴァグレーズ国立公園
  4. ホンジュラス共和国
    1. リオ・プラタノ生物圏保護区


※なお、「保存のために大規模な作業が必要とされ、かつ、この条約に基づいて援助が要請されているもの」と条約文では記されているが、記載原因が周辺の開発計画だった場合には「開発計画が中止されました」といって危機遺産から解除されるので「作業が必要」という言葉のイメージとはちょっと違う。

*1:2006年7月追加

*2:2006年7月追加

*3:2007年指定

*4:2007年指定

*5:2007年指定

ネットの話題: 危機遺産

人気

新着

新着ブログ: 危機遺産