Hatena Blog Tags

参加者募集中

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

まとめて言えば、当方に連絡すれば、すべてが解決するといえます。

まとめて言えば、当方に連絡すれば、すべてが解決するといえます。 企業育成資金については、日米相互防衛援助協定についての全文をよめば、日本には何故、産業の支援制度があり、その資金は、米国(米軍)管理で、日本の平和維持活動の財源があるかが理解できます。 また、免税、免責、免訴という特権の意味など、自ら読んでいただければ、そのことについて理解は出来るかと言えます。 日本は、戦後復興期には、米国の協力者としての制度を活用して日本の平和維持活動(経済安定政策)に協力してくれた方を護衛する制度が会ったと言えます。 そのことがわかれば、企業育成資金のすべてが理解できたことになります。日本政府と分離した資金で…

日本の平和維持活動における財源 これが日本の本当の強さである。

日本の平和維持活動における財源 これが日本の本当の強さである。 簿外積立金 日米同盟における米国が管理する日本の平和維持資金についてのルールは、1954年に日米間で結ばれた相互援助協定による規定で決められている。米国は、戦後復興するためと、同時に共産国の台頭によるために、日本を含め、西側諸国の結束をかためるために相互安全保証法を制定して、軍事協定と経済援助をセットで国際条約を結んだ。 その資金管理については、日本政府と切り離し保管するということで、独立の資金として別保管されると明記された。 つまり、企業育成資金(基幹産業育成資金)のベースとなる仕組みとなります。 このことが理解できなければ、こ…

昭和最大の予言書「日月神示」から見る、今から起こりうる世界の予言を筆者の独自の視点で解説。

昭和最大の予言書「日月神示」から見る、今から起こりうる世界の予言を筆者の独自の視点で解説。 日月神示を読めば理解できることがある。筆者の勝手なイメージであるが、この文面を見て感じることを言えば、第三次世界大戦が来るや、天地がひっくり返るようなことが来るという意味を考えてみて、普通に考えれば、なにがおこるのか?と天変地異のことを書いているように思われるのですが、そうではないように思います。 確かに、世界は争いの中にいます。これは、武力と戦争というよりも、今は、金融戦争ということになります。 日月神示の「三千世界の大洗濯」という混乱の時代が来ると予見されていますがそれは、すでに、始まっており、コロ…

神々の動きを理解すると、國體護持は、「国常立尊」であり、八咫烏との関係で出来上がっている仕組みと言える。

神々の動きを理解すると、國體護持は、「国常立尊」であり、八咫烏との関係で出来上がっている仕組みと言える。 企業育成資金を渡すということは、國體護持の仕事である。 企業育成資金についての活用件数を増やすためには、日本の神々について考えるべきだろうという直感がありましたので、八咫烏の話を書いていましたが、突然、「神の選択」という感覚が見え 「洗濯」ということが浮かびました。この洗濯という文字をみて、これは、「日月神示」にあった「洗濯」という予言の話をすぐに連想しました。つまり、予言書に書いている洗濯という内容については、「三千世界の大洗濯と大峠」ということを思い出しました。 詳細についてはネット上…