参詣曼荼羅

(アート)
さんけいまんだら

参詣曼荼羅とは、中世から近世にかけて、参拝を促す目的で描かれた社寺の縁起や霊験譚を、霊場へ参詣する人々の様子と共に描いた一群の絵画。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ