叡山電鉄

(地理)
えいざんでんてつ

京都市北東部に2路線を持つ京阪グループの中小私鉄*1。通称「叡電」「叡山電車」。
以前は京福電鉄の一部だった*2が、1986年4月から叡山電鉄として営業を開始した*3。1989年10月5日に京阪鴨東線 (三条〜出町柳)が開業し、出町柳で京阪電鉄と直接連絡するようになった*4
パノラマ車両「きらら」などで知られるように、京都の市街地と観光地を結ぶ性格がある。

スルッとKANSAI

2004年3月1日から、関西圏の共通乗車カードシステム「スルッとKANSAI」に加盟している。
ただし自社製作のカードは発行していない。

*1:かつては京阪電鉄・京福電鉄傘下だったが、現在は京阪電鉄の100%子会社。

*2:この頃から通称は叡電だった

*3:乗客の減少が続き、京福電鉄はこれを支えきれずに分社化した事情がある

*4:当初は出町柳駅から京阪本線と直通運転する構想があったがこれは実現しなかった

*5:八瀬遊園駅から2002年春に名称変更

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ