口之津

(地理)
くちのつ

地名

長崎県南島原市口之津町の一帯。
古くから港町として栄え、キリシタン大名の有馬氏が島原半島を治めていた時代には口之津の港で南蛮貿易が行われていた。

島鉄フェリーが、この港から鬼池港(熊本県天草市五和町)へのフェリー航路を運行している。
島鉄フェリー

旧駅

かつてあった島原鉄道口之津駅のこと。
2008年(平成20年)4月1日、島原外港〜加津佐間の廃線により、廃駅となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ