古処誠二

古処誠二

(読書)
こどころせいじ

作家。小説家。自衛官時代に宮部みゆきの作品を読んで小説の世界にのめり込みすぐ様創作活動を開始した。2000年メフィスト賞受賞作品『UNKNOWN』でデビュー。デビュー作とその続編『未完成』は、自衛隊を舞台にした本格ミステリ。その後方向転換し、『ルール』『分岐点』など第二次世界大戦時を舞台として人間ドラマを描いた戦争小説を発表している。

著作リスト

掲載作品

  • 「たのみごと」(2001 小説すばる4月号)
  • 「九五年の衝動」(2001 メフィスト5月増刊号)
  • 「背中の陽」(2001 小説すばる7月号)
  • 「子は親の」(2001 週刊小説07/27号)
  • 「遮断」(2004/01-2005/02 小説新潮)
  • 「敵影」(2005/12- 小説新潮)

ネットの話題: 古処誠二

人気

新着

新着ブログ: 古処誠二