吉備津彦命

(一般)
きびつひこのみこと

 日本神話の登場人物で、中国地方を朝廷に屈服させたことで有名な神。3人の従者を従え、現地の神:ウラを倒す。ウラを鎮めるために、備中、備前では「鳴る釜神事」が催される。彼の逸話は後に「桃太郎」の説話に取り入れられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ