吉永マサユキ

吉永マサユキ

(アート)
よしながまさゆき

吉永マサユキ(よしながまさゆき)。写真家。1964年、大阪・十三生まれ。
関連語 リスト::写真家
水商売、テキ屋、運送業などの職を経て、児童福祉士を目指すなど様々な経歴を持ち、カメラマンになる。
『DUNE』『CUT』などファッション写真、広告写真、ルポルタージュ等で活躍。
写真集『Slang from tokyo vol.1』共著(リトル・モア)、『申し訳ございません』(新潮社・2000年)。暴走族を7年間撮り続けてまとめあげた『族』(リトル・モア刊)がある。洋書ではマーク・サンダースによる編集の『Bosozoku』(Trolley)、同じくマーク・サンダース、澤文也、都築響一編集による日本人アーティスト28人を紹介する『reflex』にもその一人として紹介されている。
暴走族、チーマー、コギャル、在日外国人と、日本に住むマイノリティを撮り続けてきた写真家である。自伝集『へたれ』がリトル・モアより刊行されている。

新着ブログ: 吉永マサユキ