吉田五十八

(アート)
よしだいそや

よしだ・いそや(1894ー1974)建築家。東京生まれ。

東京美術学校卒後、欧米に留学。
建築事務所を開いて、数奇屋造の近代化に専念、直線を生かした単純な構成を特色とする<現代数奇屋>と呼ばれる様式を創出。

作品に、吉屋信子邸、梅原龍三郎邸およびアトリエ等の住宅建築のほか、新喜楽などの料亭がある。

1964年文化勲章。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ