吉行エイスケ

(読書)
よしゆきえいすけ

作家・吉行淳之介、女優・吉行和子、詩人・吉行理恵の父親

年譜

1924年 『売恥醜文』創刊号
1926年 『虚無思想』創刊号
1929年 『葡萄園』同人
1930年 新興芸術派倶楽部の結成に参加
1930年 『近代生活』同人
1934年 作家活動を辞める

あばうと

現在では吉行淳之介、吉行和子の父親であり
NHKドラマ「あぐり」で近年、文学に親しみの少ない人にも知られるようになった
アナーキズム、ダダイズムに傾倒し詩を創作するが、のち小説に転向
エイスケ本人も”奔放、型破れ”であり、交友のあった楢崎勤の筆に詳しい
1934年大戦に向かう日本にダダイスト、エイスケは断筆を選び、株を始める
1940年死亡、享年34歳。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ