吉野裕子

(読書)
よしのひろこ

在野の民俗学者。1916年東京生まれ。

1954年津田塾大学卒。専業主婦であったが、趣味で習っていた日本舞踊でなぜ扇を使うのか、扇の起源は何なのか、という疑問に突然とらわれ、調査した結果を著書『扇』(人文書院)にまとめる。
1977年「陰陽五行思想から見た日本の祭」で文学博士号を取得。

その他の著書に『蛇』(講談社学術文庫)、『陰陽五行と日本の文化』(大和書房)など。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ