名古屋コーチン

名古屋コーチン

()
なごやこーちん

日本三大地鶏の1.(→比内地鶏、軍鶏)
明治時代、愛知県において、中国原産のコーチンと名古屋の在来種を交配させて作り出された地鶏。
ブロイラーの3倍の時間をかけて丁寧に育てられており、独特の「コクと歯ごたえ」が特徴。

中国原産の「コーチン」をもとにして作られた地鶏として、熊本コーチン、讃岐コーチンなどもあるが、名古屋コーチンが一番有名である(と思われる)。

いわゆる「純系名古屋コーチン」と呼ばれる物は名古屋周辺地域で、普及協会会員が育てたもの血統100%の物だけを指す。在来の品種の血液比率が50%以上であれば地鶏と認められている中では、特別の存在といえる。

><

ネットの話題: 名古屋コーチン

人気

新着

新着ブログ: 名古屋コーチン