名神高速道路

名神高速道路

(地理)
めいしんこうそくどうろ

小牧と西宮とを繋ぐ189.5kmの高速自動車国道名神高速。法律上では高井戸を起点とする中央自動車道西宮線の一部だが、IC番号や距離標は用賀を起点とする東名高速道路(第一東海自動車道)を基準とする。

沿革

  • 1963年7月15日、尼崎〜栗東71.1kmが日本初の長距離高速道路として開通。
  • 1965年7月1日に全線が開通。

インターチェンジと接続路線

ネットの話題: 名神高速道路

人気

新着

新着ブログ: 名神高速道路