呉広

(一般)
ごこう

陳勝呉広の乱の首謀者の1人。?〜紀元前210年

紀元前210年、陳勝とともに反乱を起こして成功。
陳勝は張楚の王となり、呉広も仮王として高位につくが、あまりの用兵の拙さにより暗殺された。
暗殺したのは配下の田臧ら諸将の独断であるとされているが*1、一説には陳勝が指示したともいわれる。

*1:秦将の章邯が自軍に迫っていたが呉広は事態の深刻さを理解せず、やむなく殺した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ