味覚音痴

()
みかくおんち

 手の込んだ料理や素材そのものの持つ味などを美味しいと感じることができず、人工的な調味料や刺激の強い香辛料等にしか美味を感じられない人。
 大人になるにつれて、味覚を覚えると考えられてきたが、大人になっても味覚音痴のままの人が近年多い。主婦など料理を作る立場の人間から見れば、安い食材と適当な味付けで満足してくれるので、夫が味覚音痴だとラクである。
 味音痴とも

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ