呻吟語

呻吟語

(読書)
しんぎんご

明代の官僚、呂新吾の著書。
中国古典の一つ。明代の官僚が記した修養書という点で、洪自誠の『菜根譚』と並んで比較されることが多い。
呻吟とは、病気に苦しみうめく声のこと。

新着ブログ: 呻吟語