品鶴線

(地理)
ひんかくせん

JR東日本が保有する東海道線のうち、品川〜鶴見間(西大井・武蔵小杉・新川崎経由)の線路のこと。本来の東海道線(大井町・蒲田・川崎経由)とは離れており、それと区別するためにこう呼ばれることがある。一般的には「横須賀線」や「湘南新宿ライン」などの列車がここを通る。

もともとは貨物のためだけに使われてきたが、1980年(昭和55年)に国鉄が輸送力の増大を行うため、横須賀線系統の列車用に転用した。今でも貨物列車が通るが、多くは並行して新たに設けられた貨物専用の線路か武蔵野線に移された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ