唐津焼

(アート)
からつやき

豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に連れ帰った陶工たちによって始められたと伝えられるやきもの。
茶道の世界では「1楽2萩3唐津」と言われ重用される。また酒好きの理想の酒器としてもよく挙げられる。
ちなみにやきもののことを東日本では「セトモノ」西日本では「カラツモノ」と呼ぶようである。

唐津焼窯元マップ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ