商工組合中央金庫

(一般)
しょうこうくみあいちゅうおうきん

日本の金融機関

英文表記:The Shoko Chukin Bank,Ltd.
略称:商工中金商工中央金庫

金融機関共同コード
2004

東京都中央区八重洲に本店を置く、政府と中小企業の組合が共同出資する株式会社の形態をとる特殊会社

目的
中小企業等協同組合その他主として中小規模の事業者を構成員とする団体及びその構成員に対する金融の円滑化を図るために必要な業務を営むことを目的とする。

商工組合中央金庫法」により1936年11月30日に設立された、日本の政策金融機関
2008年10月1日からは「株式会社商工組合中央金庫法」により株式会社となり、規定する業務を行っている。
従前の「商工組合中央金庫法」では『融資の対象は、商工中金に出資している中小企業団体とその構成員などに限られる。一方で、預金については、融資を受ける資格をもつ者の他、公共団体、非営利法人、金融機関などが対象となっている。』と制限されていたが、「株式会社商工組合中央金庫法」では、預金・定期積金の受入れについては制限はなくなり、融資の対象についても制限が緩和されている。

主なグループ会社

ほか

リスト::銀行

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ