喫煙文化研究会

喫煙文化研究会

(社会)
きつえんぶんかけんきゅうかい

「タバコは文化である」と考える喫煙愛好者が集い、人と喫煙の関係を、文化・社会・環境・健康など様々な角度から論議・検討する会。
2011年6月6日、発足。

会員

  • 代表:すぎやまこういち
  • 幹事:諏訪 澄
  • 呼びかけ人:西部邁、堤堯、二木啓孝、井尻千男、筒井康隆、黒鉄ヒロシ、奥村康

設立趣旨

"禁煙ヒステリー"ともいうべき空気が、いま、日本社会を席巻しつつあります。喫煙イコール悪という決めつけで、すべての喫煙を排除すべくヒステリックな嫌煙・禁煙活動が全国で展開されています。
喫煙文化研究会では、こうした風潮に対して、「これが常識ある社会の姿なのだろうか」という問題意識のもと、識者の方々にもご参加いただき、人と喫煙の関係を、文化・社会・伝統・環境・健康など様々な角度から幅広く考えていきたいと思っております。

喫煙文化研究会の設立趣旨 | 愛煙家通信 Web版 - 喫煙文化研究会

ネットの話題: 喫煙文化研究会

人気

新着