四国アイランドリーグ

四国アイランドリーグ

(スポーツ)
しこくあいらんどりーぐ

四国地方を基点としたセミプロ野球リーグ。
別名「四国独立リーグ」。
日本史上2番目*1のプロ野球独立リーグとして、2005年誕生。

各県に1チームずつ置き、1チーム90試合・計180試合行う。IBLJ*2が運営。
社会人野球やマスターズリーグとも連携している。

2008年に九州から2球団加わり、「四国・九州アイランドリーグ」に改称。

ルール

  • 予告先発
  • 指名打者(DH)
  • 延長戦なし
  • 2シーズン制 (前期(4-6月)後期(7-9月)それぞれ45試合ずつ計90試合を行い、10月に年間優勝決定戦を行う。)

歴代優勝チーム

年度 球団 備考
2005年 高知ファイティングドッグス  
2006年 香川オリーブガイナーズ  

関連キーワード

  • 独立リーグ
  • IBLJ
  • 四国独立リーグ

*1:戦後の国民リーグが史上初。

*2:代表取締役・石毛宏典

新着ブログ: 四国アイランドリーグ