Hatena Blog Tags

四色問題

(サイエンス)
よんしょくもんだい

「二次元平面上の地図(ただし飛び地はないものとする)は必ず4色で塗り分けることが可能か否か」という数学上の問題。1976年にケネス・アペルとヴォルフガング・ハーケンが当時の最高速のスーパーコンピュータを1200時間以上使用して、常に可能であることが証明された。四色定理。

問題のシンプルさに対して証明は最終的にコンピュータによる総当たりを使い、さらにその証明に特に応用性がないことから、「エレガント」な証明に対して「エレファント」な証明と呼ばれる。しかし現在でもコンピュータを使わない証明は見つかっていない。

携帯電話の基地局配置などにも応用される。すなわち、周波数の同じ電波同士で混信してしまうタイプの携帯電話システムでは、最低4つの周波数を基地局間でうまく組み合わせればよいことになる。


* リストリスト::数学関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

令和5年2月28日、ニュートン別冊『ゼロからわかる統計と確率・ベイズ統計編』という書籍を読破した。 ニュートンの書籍を読む度につくづく本当に良書ばかりだなと感じさせられる。どこかのサッカー選手ではないが、読み終えた後、ブラボーと叫びたくなった。やはりニュートンの書籍は素晴らしい。 ベイズ定理はある結果が得られた時、何が原因だったのかを探ることができるものです(66頁参照)。そして、数理モデルを使えば、背後のメカニズムの推定や未来予測も行うことができます(111頁参照)。まず、ベイズ統計学を語る前に

令和5年2月28日、ニュートン別冊『ゼロからわかる統計と確率・ベイズ統計編』という書籍を読破した。 ニュートンの書籍を読む度につくづく本当に良書ばかりだなと感じさせられる。どこかのサッカー選手ではないが、読み終えた後、ブラボーと叫びたくなった。やはりニュートンの書籍は素晴らしい。 ベイズ定理はある結果が得られた時、何が原因だったのかを探ることができるものです(66頁参照)。そして、数理モデルを使えば、背後のメカニズムの推定や未来予測も行うことができます(111頁参照)。まず、ベイズ統計学を語る前に前提となる統計学(4頁参照)と確率論(34頁参照)の基礎を非常に分かりやすく説明しています。統計に…