Hatena Blog Tags

図書新聞

(読書)
としょしんぶん

週刊の新聞サイズの書評系メディアだが、カルチャー系(含むサブカル系)レビューも掲載される。
良心的な書店では置いてある。

同系統のメディアとして、『週刊読書人』があり。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

⬛️今日は、新宿某所で、加賀乙彦賞授賞式でした。 岳真也、三田誠広、藤沢周が選考委員。授賞は、四方田犬彦さんの『戒厳』。25歳で、《日本語教師 》として韓国にわたった時の話が土台の小説。三田さんが講評のあいさつ。やっぱり三田さんはすごいね。賞金なしの《加賀乙彦賞》。《貰ってくれるかどうかが心配だった》、と。受賞を喜んで承諾した四方田犬彦さんもえらい。四方田犬彦さんは、私などより5、6歳年下だが、その登場は強烈だった。映画評論や中上健次論、アジア文化論など・・・。現在、70歳だそうだが、相変わらず、挑戦

⬛️今日は、新宿某所で、加賀乙彦賞授賞式でした。岳真也、三田誠広、藤沢周が選考委員。授賞は、四方田犬彦さんの『戒厳』。25歳で、《日本語教師 》として韓国にわたった時の話が土台の小説。三田さんが講評のあいさつ。やっぱり三田さんはすごいね。賞金なしの《加賀乙彦賞》。《貰ってくれるかどうかが心配だった》、と。受賞を喜んで承諾した四方田犬彦さんもえらい。四方田犬彦さんは、私などより5、6歳年下だが、その登場は強烈だった。映画評論や中上健次論、アジア文化論など・・・。現在、70歳だそうだが、相変わらず、挑戦的、刺激的な文章を書き続ける四方田犬彦さんもすごい。藤沢周さんとは久しぶり。藤沢周さんが、《図書…