Hatena Blog Tags

国債買い入れ

(社会)
こくさいかいいれ

意味

流通市場を通じて中央銀行が国債を買い入れること。

  1. 市場の通貨供給量を増やすのが目的である場合。
  2. 国債市場の安定化そのものが目的である場合。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

状況が悪化すればするほど、チャンスが有るビジネス

□状況が悪化すればするほど、チャンスが有るビジネス 最近は、ニュースを見ていると、多くの記者が「悪い円安」について論じるようになっています。 確かに、論点についてはずれはないのですが、その問題をどう解決するのかということで、具体的になにか得策を言う人は一人もいません。 日銀と政府が国債買い入れを継続的に行うために、金利引き上げを行わないということで、円安が進む、これから、悪い円安での物価高になる、国民生活が苦しくなる、収入が増えることなく、物価上昇、特にエネルギーと食料自給率の低さが外貨による仕入れによって一気に物価高にならなければ、ビジネスがやっていけなくなり、消費者意識に関係なく、企業は値…