国道170号線

(地理)
こくどうひゃくななじゅうごうせん

大阪外環状線
大阪府高槻市から寝屋川市、東大阪市、八尾市、藤井寺市、柏原市、富田林市、河内長野市、和泉市、岸和田市を経て泉佐野市を結ぶ国道。
大阪人は「外環」*1と呼ぶのが一般的で、国道番号で呼んでる人はいない。
最初、1953年(昭和28年)に和歌山県和歌山市から三重県松阪市を結ぶ国道として制定されたが1959年(昭和34年)に国道42号線に昇格され一度消滅。1963年(昭和38年)に東高野街道に沿ったルートで大阪府高槻市〜河内長野市〜和歌山県橋本市を結ぶ国道として復活*2。さらに1982年(昭和57年)には高槻市から泉佐野市を結ぶ国道(大阪外環状線)となり、河内長野市から橋本市までのルートは国道371号線に改められた。

起点

大阪府高槻市(八丁畷交差点*3国道171号線交点)

終点

大阪府泉佐野市(上瓦屋交差点、国道26号線交点)

*1:東京にも外環はあるが読みは「がいかん」であり、大阪では「そとかん」と読む。

*2:大阪外環状線が全通した後は旧道扱いとなったが、国道指定からは外されていない。

*3:外環状線としての起点は大阪府池田市、国道176号線交点

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ