Hatena Blog Tags

国鉄キハ40系気動車

(一般)
こくてつきはよんじゅうけいきどうしゃ

日本国有鉄道によって1977年(昭和52年)から1982年(昭和57年)にかけて製作された気動車
キハ40キハ41キハ47キハ48キハ140キハ147キハ400
老朽化した国鉄キハ10系気動車の置き換え用として誕生した。
888両が作られた。両運転台・片開き扉のキハ40を中心に片運転台・両開き扉のキハ47、片運転台・片開き扉のキハ48などがある。出力は220馬力で最高速度は95km/hのDMF15HSA型エンジンを搭載して登場した。暖地型はコイルバネ台車を履き、寒冷地型は空気バネ台車を履いている。
JR西日本の延命工事などやジョイフルトレイン化など、改造は多種多様に行われている。しかし最近はJR各社の新型気動車(JR西日本のキハ120、キハ121・キハ126、JR東日本のキハ110など)への置き換えが始まっている。
リスト::鉄道車両の形式::JRの気動車

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ