坂下門外の変

(読書)
さかしたもんがいのへん

文久2年1月15日(1862年2月13日)、水戸藩浪士らが老中安藤信正を坂下門で襲撃した事件。

背景には公武合体政策を推し進めた安藤に対する尊皇攘夷派(特に水戸・長州)の反感がある。
なお、桜田門外の変とは違い、安藤は一命を取り留めているが、失脚に追い込まれている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ