堀尾吉晴

(社会)
ほりおよしはる

別名、堀尾茂助。帯刀。(1543年〜1611年)
戦国武将、戦国大名。三中老の一。
尾張守護代織田信安(岩倉織田氏)の臣、堀尾泰晴の子。よって、岩倉織田氏の滅亡後、浪人生活に。
その後秀吉(木下藤吉郎)に仕え活躍。高松城水攻めの際には、城主清水宗治の切腹の際の検使を務めている。本能寺の変後、佐和山城城主を経て、家康の関東移封後に浜松城城主となる。

1599年に嫡子の堀尾忠氏に家督を譲る。関ヶ原後に出雲を与えられ、早世した忠氏に代わった孫の忠晴を助けて松江城を築く。
慶長16年没。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ