堀幸一

(スポーツ)
ほりこういち

プロ野球、ロッテオリオンズ・千葉ロッテマリーンズの選手、コーチ。
右投右打、ポジションは二塁手*1。背番号は45→5番。

1969年4月2日生まれ。長崎県出身。
長崎海星高から1988年、ドラフト3位でロッテオリオンズに入団。

2年目から中距離打者として活躍。
以後、オリオンズ・マリーンズの二塁手として10年以上君臨。

愛甲猛、初芝清らと共に内野陣を支えた。
打撃もよく、1995・1996年には打率がパ・リーグ3位以内に入る。

1998年には全打順で本塁打を記録*2

1999年以降衰えが目立っていたが、2003年には本塁打22本・打点も78と自己記録を更新。

2005年も規定打席に到達、9年ぶりに打率3割をマーク。31年ぶりのパ・リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。
同年、18年目で初めてベストナインを獲得。

2010年、現役引退。

初芝清、小宮山悟の引退後、オリオンズ時代の唯一の生き残りだった。


2013年、一軍打撃コーチとして千葉ロッテマリーンズに復帰。

*1:内野手、外野手としても出場経験あり。

*2:プロ野球史上6人。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ