境内

(一般)
けいだい

意味

境の内⇔「境外

  1. 境界の内側。区域内。
  2. 特に、神社・寺院の敷地内。

関連語句

入境出境越境

神社の境内

社寺の建物を中心に,種々の宗教行事を行うためのしきりの内側。境内は古来から無税地が原則で,また守護不入の地として俗権の及ばぬところが多く,軍兵の乱入,喧嘩口論,乱妨狼藉,生類の殺生が禁ぜられ,社寺の宰領にまかせられた。境内は神聖にしていわば平和な場所で,祭礼や法会の当日,中世以来種々の芸能がよく興行された。能や狂言,流鏑馬,犬追物,軽業,相撲,浄瑠璃,芝居,見世物,ときには博奕の興行がそれであり,とくに近世になると,祭礼当日の境内は庶民の解放の場となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ