夏侯咸

夏侯咸

(社会)
かこうかん

夏侯咸(かこうかん、生年不詳〜没年不詳)

「鍾会伝」の鍾会の上奏文に登場する。263年、鐘会に従って蜀征伐をした。勝g艾が綿竹で諸葛瞻を斬ったと聞いた姜維が胡烈・田続・龐会らに追撃され逃亡しているところを、鐘会の命で新都・大渡へ出て蜀軍が逃走できないように遮った。さらにその後、皇甫闓と共に姜維の軍の四方のあらゆる道を全て塞いだ。こうして追い詰められた姜維らは鍾会に降伏した。

新着ブログ: 夏侯咸