Hatena Blog Tags

外山紀子

(サイエンス)
とやまのりこ

発達心理学者、早稲田大学教授。1965年長野県生まれ。お茶の水女子大学家政学部児童学科卒、同大学院家政学研究科修士課程終了、1993年東京工業大学総合理工学研究科博士課程修了、「理論的知識の発達と食事スクリプトの柔軟化」で学術博士。2000年津田塾大学学芸学部専任講師、助教授、2007年准教授、教授。2013年早稲田大学人間科学学術院教授。専門は発達心理学(認知発達、食発達)。

著書

  • 『心と身体の相互性に関する理解の発達』風間書房 2007
  • 『発達としての〈共食〉 社会的な食のはじまり』新曜社 2008

共編著

  • 『教育とカウンセリング』前田基成, 吉村真理子,鈴木聡志,田中奈緒子共著 八千代出版 2006
  • 『やさしい発達と学習』外山美樹共著 有斐閣アルマ 2010
  • 『子どもと食 食育を超える』根ヶ山光一,河原紀子共編 東京大学出版会 2013
  • 『乳幼児は世界をどう理解しているか 実験で読みとく赤ちゃんと幼児の心』中島伸子共著 新曜社 2013
  • 『食をつなげる、食でつながる 八国山保育園の食』野村明洋共著 新曜社 2014
  • 『若者たちの食卓 自己、家族、格差、そして社会』長谷川智子,佐藤康一郎共編著 ナカニシヤ出版 2017

翻訳

  • アンソニー・J.カーティス『健康心理学入門』新曜社 心理学エレメンタルズ 2006
  • マイケル・シーガル『子どもの知性と大人の誤解 子どもが本当に知っていること』新曜社 2010

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ