多値従属性

多値従属性

(サイエンス)
たちじゅうぞくせい

【multivalued dependency】MVD
コンピュータの関係データベースにおける関係 (テーブル) の中の属性の2つの集合の間の、完全な制約である。
関数従属性とは対照的に、多値従属性は関係においていくつかの組 (タプル、行) を親として必要とする。 それゆえ、多値従属性は組生成従属性とも呼ばれる。 多値従属性はデータベースの正規化において第4正規形 (4NF) への正規化で役割を果たす。
多値従属性は関数従属性を一般化した概念と位置づけることができる。

新着ブログ: 多値従属性