夜の秋

(一般)
よるのあき

季語は夏。
高浜虚子の孫で俳人・稲畑汀子は「漁火の増えゆく早さ夜の秋」と夏がいよいよ終わるさみしさや秋が深まっていくことを詠んだ句がある。それぐらい、さみしさが感じられる夏の終わりの予感、秋が近くなっていく夜の長さが感じられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ