Hatena Blog Tags

大きな政府

(社会)
おおきなせいふ

新自由主義において、アダム・スミス以来の経済思想を「小さな政府」と称したのに対し、ケインズ経済や福祉国家などを称した用語。
政府や行政の規模、権限を拡大しようとする思想。日本においては安倍晋三、麻生太郎、鳩山由紀夫などが挙げられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

民間財源を使えば、日本いつでも復活することが出来る。それを実現するのが、筆者のマニフェストの実現である。

□民間財源を使えば、日本いつでも復活することが出来る。それを実現するのが、筆者のマニフェストの実現である。 今、時代は大きく変わろうとしています。つまり、日本は、表裏一体化する時代がやってくると考えています。 表の見えているものだけが動く時代から、裏の見えていなかった動きとつながることで、日本は豊かになるという事になります。 筆者は、企業育成資金、PPPについて研究した理由は、「失われた30年」というロスジェネ世代と言われる時代の終局する手段を考え、研究していたといえます。 つまり、大きな政府が行っていることは、国民を豊かにすることが出来るのか?または、「失われた30年の終局」を実現することが…