大倉喜八郎

(一般)
おおくらきはちろう

実業家、大倉財閥創業者
天保8年9月24日(1837年10月23日)、生まれ。昭和3年(1928年)4月22日、死去。92歳だった。
越後)新潟県出身。大倉喜七郎は長男。
江戸で銃砲店を開業し、戊辰戦争で新政府軍に武器を売った。
明治6年、大倉組商会を設立。
大正期には大倉財閥の体制を確立した。東京電灯、大日本麦酒、帝国ホテルなど多くの会社設立に関与。大倉商業学校(現東京経済大学)を創設した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ