大化の改新

(一般)
たいかのかいしん

●645年6月に中大兄皇子が中臣鎌足と共に蘇我入鹿を殺す「乙巳の変」〔イツシのヘン〕より始まる。
●この後、子を殺された蘇我蝦夷が自宅に放火して焼身自殺。
●この蘇我氏打倒に始まる一連の政治改革のことを「大化の改新」(大化改新)という。
●実際、中国の前漢に始まる紀年法;年号としてその第1号を「大化」と定め、今日の「平成」にまで連綿と続いている*1
●氏姓制度の弊を打破し、唐の律令制を基に天皇中心の中央集権国家の樹立を目指した。

*1:ただし7世紀中は元号制度は定着せず、連続しているのは701年制定の「大宝」以降。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ