大和屋竺

(映画)
やまとやあつし

脚本家。映画監督。

故人。

1938年北海道生まれ。

日活撮影所を退社後、若松孝二の「若松プロ」を足立正生、沖島勲らととともに支えた。

主な監督作品に「裏切りの季節」「荒野のダッチワイフ」「毛のはえた拳銃」「愛欲の罠」。

また、アニメ「ルパン三世」の代表的脚本家としても有名で、「新ルパン三世」からはシリーズ構成を担当。「バラとピストル」などに代表される乾いた愛憎劇で、その後のアニメ「ルパン三世」シリーズの基礎を築き上げ、監修を担当した鈴木清順とのコンビネーションにより数多くの名作を生み出した。

1993年、55歳の若さで世を去った。

尚、子息である大和屋暁は、やはり脚本家として活躍している。

代表作

  • 映画
    • 殺しの烙印
  • テレビドラマ
    • 必殺シリーズ
  • アニメ
    • ルパン三世
    • あしたのジョー2
    • キャッツ・アイ
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ