大宰帥

(一般)
おおみこともちのかみ

律令制における大宰府の長官。
左遷先として使われたこともあるが、現地に赴任せずに京で特権のみを得たものも多い。
平安時代初期に伊予親王が就くと親王の就任が慣例化し、後に次官の大宰権帥が実務をとるようになると大宰帥の実権はほとんどなくなってしまった。

主な就任者

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ